ふれんちぶるどっぐ☆ビギー  ヘルニアなんかに負けないもん! 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ビギハハ
 
[スポンサー広告
ヘルニア発症時の様子
今日は、発症した時どんなふうだったかを。

忘れへんうちに書いとかないと
アホみたいに長いです(笑)



ビギーが発症したのが、8月3日の夜中。。。


それまではチチと晩のお散歩を楽しんで、ご飯を食べているみーネェの横にへばりついておねだりして、遊んで~と全くいつもと変わらない様子だった。



ビギーは寝る時、私たちと同じ部屋でケージに入って寝ている。


普段だったら朝まで大人しくそこに入って寝てるんだけど、なぜか真夜中に突然暴れだして「出して出して!!」って扉を必死でかきだした。


就寝用のケージは安物のちゃっちいやつなので、とうとう破壊してしまってむりやり出てきた。



そのまま中に押し返して入れようとしたら、「ギャウギャウ!!」っと叫んでビックリ。
ちょうど、お留守番で置いていかれる時の必死な鳴き声と一緒だったので甘えてるのか・・・ともとれるかんじ。。。


もう一度、ケージに戻してからしばらくは扉をカリカリ掻いたりしていたけど、やがて静かになったので私たちもまた寝た。




今思うと、寝返りしたか、体制を変えた拍子に出てしまって、あまりの痛さにびっくりしたんだろうと思う。




朝、いつも通りに起きて、チチがいつも通りに散歩に連れて行って・・・
特に異常はなかった。らしい。

ただ、いつもよりはオシッコをする時、足を上げる角度が低かったぐらい。



ところが、帰ってきて足を拭くためビギーが玄関の上がりカマチに前足をかけた瞬間、また「ギャウギャウッ!!」と夜中よりも悲痛な泣き方をしたので、これはただならぬ事だと緊張感が走った。


もしかして、ヘルニア!?


そのことが頭によぎったけど、家に入ると普通に歩いているのでまさかこんな重症だとは思わなかったんだよね・・


でも、腰のあたりを触るとビクッとして後ろ脚が震えていたのでかなり痛いのはわかった。





すぐにでも病院へ連れて行きたかったけど、チチもハハも仕事が休めず夏休みで家にいるみーネェにビギーを託して、とりあえず出勤。
様子が変わったらすぐ電話してと言う約束で。




・・・・やっぱり、どんどん悪くなっていった。

「ビギー、ちゃんと歩かれへんみたい・・・」みーネェの不安そうな電話で、チチが無理やり都合を付けて一旦帰宅し、慌てて車で一番信頼できる病院へ。





先生が預かって様子をみてくれるというので、仕事にもどり夕方またチチとハハ病院へ。



預かってる間は、特に変わった様子がなかったとのこと。
良く寝てましたよ・・・と。



症状を詳しく説明し、レントゲンを撮るためビギーは別室へ。




その時、レントゲン室の中から4~5回、悲痛な叫び声が聞こえてきて耐えられなかった。
レントゲンを撮るため、痛い体制をとらざるを得なかったんだろうけど、辛すぎる!
体が硬直してチチと二人無言だった。
これ以上、叫び声が聞こえたら「もう、いいから止めてください!!」と言いに行くところだった。。。


すっごい痛い思いさせてごめんね。ビギー・・・ほんとにごめんね。。



せっかくあんな思いをして撮ったレントゲン・・・だけど、ヘルニアはレントゲンには写らない。





なので、先生の診断も「ヘルニアだと思います。

やはり断定できるのはMRIを撮らないといけないらしい。





(MRIのこと、治療法についてはまた、詳しく次回に・・・・・)





先生がビギーを診察台から下ろすとヨロヨロしながらでも私たちの所まで歩いてきた。



とりあえず、痛みどめをもらい連れて帰る。





痛み止めを飲ませても全く効いてないらしく、ハァハァと息が上がってきて苦しそうにしていた。
伏せてもぐっすり眠れずにウトウトしかできないみたいだった。



しばらくして起きてお座りすると、どうも下半身を引きずっている気がする。
もしかして、後ろ足動けへんようになってもうた!??




お尻を持ち上げても全く力が入っていない様子。




・・・・・・・・やっぱり。。。





慌てて先生に電話するも、「朝、連れてきてください」との事。




その晩は、世話がしやすいようにリビングでハハが添い寝することに。




時間が経つにつれビギーはどんな体制をとってもかなり痛く辛いらしく、息も上がって喘ぎっぱなしに。
水もすごく欲しがる。




伏せることも激痛によって不可能らしく、お座りの状態のまま苦しそうにしている


いつもだったらあの大きな顔が重みでどんどん下がってきて猫背状態になるのに、首をさげるのも患部にひびくらしく上を向いて、目も宙をずーっとさまよっている状態・・・・・





もう、どうにかしてあげたいけど、どうして欲しいかもわからないし、体制を変えてあげようにも激しく痛がるしで手もだせない。






かなり疲労して体力的に限界がきているのも目に見えてわかるけれど、ハハは苦しむビギーを見てるしかない。




おしっこもお漏らししだし、ウンチもダラダラと出てきてしまっている。




全身の体重がかかっている前足と肩をなぜると、辛くてたまらないくせにハハの顔を舐めだした。




それまで不安な様子をみせたらあかんと思って冷静に対応してたけど、さすがにハハは泣いてしまった。




泣きながらビギーの硬直している上半身をマッサージするとそのたんびに舐め返してくれる。



いいのに・・・ビギー。
ハハに優しくなんてしてる場合じゃないのに!





結局、ビギーはお座りの体制のまま一睡もできず一晩過ごし、ハハは仕事を休み、チチが上司に嘘をつき、で朝一番先生のもとに連れて行き、そのまま入院となる





で、今に至るのです。





あ~、長かった


最後まで根気よく読んでくれた方、ありがとう




どんな治療をしているかは、次回書きます♪


スポンサーサイト
Posted by ビギハハ
comment:10   trackback:0
[健康のこと]  thema:フレンチブルドッグ★ライフ - genre:ペット
がんばってるオレ
お久しぶりです♪


長らくお休みしていましたが、ビギーぽんは元気です!。。。。。。


といって再開するはずでしたが、ビギーぽんは只今入院中です。



病名は   椎間板ヘルニア




MRIを撮っていないので断定はできないが、胸椎13、腰椎1番目あたりとの事。


入院生活3週間目に突入です。


病状は、下半身不随の状態。


立ち上がるのは愚か、オシッコも自分ではできない状態です。


後ろ脚の感覚が全くなく、持ち上げで落とせばポトンと落ちる状態。



今は当初のような激しい痛みからは解放され、お座りの恰好で下半身を引きずって前足だけでズリズリと移動します。



この痛みから解放されたのが、返って問題ではあるのですが・・・
(患部から下の神経が遮断されてしまったことを意味するので)


自分の足がなぜこんな状態かわからないので、なめては確認。


見ていて涙がでてきます。。。



ですが、ビギーぽん自身は最近では元気も出てき、ご機嫌で過ごしてるそう



毎日のように面会に行ってますが、その時も耳を後ろに倒すだけ倒して喜んでくれます




発症時の様子、治療方針などまた詳しくぼちぼち更新していきます。。。



画像 076
オレ、がんばってるとこ!


今日はこのへんで。



Posted by ビギハハ
comment:7   trackback:0
[健康のこと]  thema:フレンチブルドッグ★ライフ - genre:ペット
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。